福岡の中学生が、年間10万人受験する「フクト公開実力テスト会」

私の高校自慢

修猷館高校

更新情報

★このページの修猷館高校の情報は、□2015年度、■2017年度に寄せられたものです。

私の高校はこんな場所にあります。

私の高校はこんな感じです。

通学方法

□私は自転車で15分かけて通学しています。駅・バス停も近いので、地下鉄・バスで通学する人もいます。わりと近くに住んでいる人が多いので、雨の日は徒歩という人も多いです。
□私は自転車(30分)かバス(30分)で通学しています。生徒の多くが自転車通学ですが、筑肥線利用者も多いです。
■私は自転車通学です。30分ほどです。地下鉄、バスを使用している人も多くいます。
■私は自転車通学です。雨天時はバスを利用していますが、到着時刻が予定より20分遅れることが当たり前なので、時間には余裕をもって通学するようにしています。交通の便がとても良いので、電車やバスで通学している人も多いです。

高校の制服

カバンと靴

■カバン…自由です。男女ともにリュックが多いです。
■靴…自由です。女子はローファー60%、スニーカー40%、男子はスニーカーが多いです。
靴下も自由!

学校行事、イベント

■4月 創志研修(1年生のみ)
■5月 創立記念式典
■7月 クラスマッチ(2日間)
■9月 大運動会
■10月 修猷フェスト
■12月 十里踏破遠足(1・2年生のみ)
■1月 予餞会
■3月 大文化祭(2日間)  …など

修学旅行

■2年生の1月頃に行きます。行き先は年によって異なり、東北や沖縄、和歌山などでした。

私の高校では次のようなことを学習します。

□普通科なので、大きな特徴はありません。1年生の間は国・数・英を中心にします。2年生になると文系は社会、理系は数学・理科の時間が増えます。
□学習内容は、普通科なので、他校とあまりかわりません。しかし、2年生になると文系・理系それぞれに英数クラスという東大・京大(一橋大)を目指す進学クラスと、九大医学部医学科を目指す医進クラスがあります。
■中学の時とあまり変わりません。国・数・英の時間が増え、理科が生物と物理に分けられます。四年制大学進学を目標にしています。

試験について

□だいたい月に1回あります。数学だけ長いです(110分くらい)。難しいです
□5・6・11・2月に定期考査があります。そして、9月には9月考査、4・10・1月に校内実力テスト、7・11月に外部模試があります。ほかにも希望制模試があり、3年生になると模試は増えます。
■定期考査が年に5回、実力考査が年に3回、校外実力テストが3回。定期考査の試験週間は4日間です。1教科しかない日もあります。時間に余裕があるので、一つ一つの教科に集中できますが、内容は難しく、大変です!

家での毎日の勉強

□予習中心(予習は宿題化しています)。平日は2時間、休日は3時間くらい勉強します。
□宿題は少ないですが、予習が大変です。部活のある平日は、予習だけでその日の勉強が終わってしまうことも多いです。平日は2時間、休日は3時間くらい勉強します。
■予習・復習中心です。帰宅が8時くらいになるため、平日はほとんど勉強できません。休日は、その1週間で分からなかったところを重点的に復習しています。※部活をしている人は授業を大切に! 平日は2時間、休日は5時間くらい勉強しています。

私の好きな先生

国語の先生
話が面白いです! それ以外にも、個性的な先生が多いです!
生物の先生
とてもわかりやすい授業で、とてもかわいらしい先生です。
古典の先生
古典は眠たくなりがちなのに、この先生の授業はおもしろくてわかりやすく、絶対眠くなりません! たまに中国語を教えてくれます。

時間割

主な授業など

■コⅠ(コミュニケーション英語Ⅰ)…長文読解。ALTの先生の授業。
■英表Ⅰ(英語表現Ⅰ)…英文法
□朝補習の古文では、古典文法をします。

中学校との違い

■古文・英語は予習が必要。そして進行が速い。
■昼休みが1昼(40分)と2昼(20分)の2回ある。1昼に昼食をとる生徒がほとんど。
□授業速度が速すぎます。みんなわかる内容だからととばされるところもあります。しかし、大切なところはじっくり丁寧に教えてくれます。
■高校の授業は内容が難しいうえに進むスピードも速い! 予習が大切である。

高校の雰囲気

□自由です。やるときはやる! 行事がアツい!
□「文に武に」校歌の一節通り、勉強も部活もすごい人たちばかりです。
■自由! やる時はやる! みんな勉強熱心ですが、部活動も頑張っています。まじめすぎることを言っても、それを笑ってバカにしたりする人はいません。仲良しな学校。

校則について

□ありません。風紀検査もありません。常識の範囲内で…という感じです。でも、あまりスカートを短くしずぎると、先生に遠回しに注意されます。
□「自分で考えればわかるだろ!」というスタンス。スカート丈と髪には厳しい。
■ありません。髪型、バッグ、靴も自由! ケータイの持ち込みも可。常識の範囲内で。

こんな感じの人が多い

□個性あふれる人
□頭のいい人が多く、変わり者が多いです。でも、みんな根はまじめでいい人です。
■みんな個性的で、明るくておもしろい人が多い。やるときはまじめに、遊ぶときはとことん楽しむ人が多い。大運動会や文化祭などの行事には燃えます!! すごく盛り上がります。

高校のココが好き

□雰囲気…新しい自分を発見できる!
□制服…後ろの六光星がかわいい
□自由だといわれているけど、ちゃんとしているところ。やりたい放題やるのではなく、全員が「ここまで」という意識をもっている。

学食イチ押しメニュー

おにから(200円)…わかめおにぎり1個と唐揚げ2個のセット。1回食べればやみつきに!
日替わり健菜御膳(400円)…その名の通り、毎日おかずがかわります。おかずの種類が多く、食べ盛りの男子にもオススメ!

部活について

【活躍している部】
■陸上部はインターハイに出場している生徒もいます。
■放送部も全国のコンクールに出場しています。
  そのほか、ディベート部、新聞部、文芸部、山岳部など

【珍しい部】
■山岳部…競う内容は何なのか気になりますが、人気で部員も多いです。
■ヨット部…小戸ヨットハーバーで練習しています。海に近い学校だからこその部活!

メッセージ

□「修猷は自由」とよく言われますが、修猷の自由は「自分で考えて、行動する自由」です。何でもやっていい、という意味ではありません。高校生活は大変ですが、それ以上に楽しいです! だから、受験勉強を頑張って、修猷での3年間を楽しんでください!!
□コツコツ型に変えましょう。地道な努力と中学時代の成果がついてきます。入試当日の点数も大切だけど、成績表や校内実力テストの結果も大切。それから、「校則がゆるいから」などという理由で目指す人もいるようですが、修猷の自由は「freedom」ではなく「liberty」です。ですから、髪染めも、ミニスカートも、バイト(原則禁止ですがそんな時間ない)も禁止です(当たり前ですが)。
このページの先頭へ