福岡の中学生が、年間10万人受験する「フクト公開実力テスト会」

私の高校自慢

久留米工業高等専門学校

更新情報

★このページの久留米工業高等専門学校の情報は,2019年度に寄せられたもの(2人分の情報を編集したもの)です。

私の高校はこんな場所にあります。

私の高校はこんな感じです。

専門科の実験棟が多く並んでいます。

通学方法

■私は学校まで4kmくらいなので、自転車で通学しています。学校の前にバス停もあるのでバスで行くこともあります。
■家から駅まで自転車で行き、そこから電車に30分ほど乗り、駅から学校までまた自転車を使っています。家から学校まで1時間程度かかります。

高校の制服

カバンと靴

指定のものがないので自由です。

学校行事、イベント

11月 高専祭・・・文化祭や体育祭、すべてが混じったお祭りみたいなものです。1週間の間に準備から本番まで行います。花火もあがります!!
年2回 クラスマッチ・・・5学年が戦います。

修学旅行

材料システム工学科では、4年生の9月頃に、各地の工場に見学に行きます!

私の高校では次のようなことを学習します。

【材料システム工学】
材料について勉強します。学科ごとに専門の授業があり、知識を深められたり、実験や工場実習を多くします。
【生物応用化学】
生物と化学について、他の学校より専門的に学習しています。時には白衣を着て実験などもしています。

試験について

【材料システム工学】
中間は5日間、期末は7日間。それぞれ前期と後期あるので、計4回行われます。
【生物応用化学】
数学、生物、化学は90分で、その他は60分です。赤点が60点で高めの設定なので、日頃から勉強していないと大変なことになります。

家での毎日の勉強

■教科によっては課題が多く出るので、夜に終わらせる。平日1.5時間、休日2時間くらい勉強します。
■主に予習・復習を毎日しています。特に数学は進むのが早いので大変です。毎日1~2時間くらい勉強します。

私の好きな先生

英語表現の先生
英語は苦手だけれど、わかりやすく、おもしろく教えてくれる。

K先生
数学担当の先生で、おもしろくて授業が楽しいうえに、わかりやすくて好きです!

時間割

主な授業など

【材料システム工学】
1年生は主に一般教科ですが、週に2回ほど専門教科があります。1コマ90分です。
【生物応用化学】
専門教科の生物、化学はとても難しいです。進むのも早いので、日々の授業をきちんと理解して次に行かないとしんどいこともあります。

中学校との違い

授業時間が長いことです。あと、居眠りなどで怒ってくれる先生はいません。自分で自分をコントロールすることが求められます。

高校の雰囲気

■普通高校とは少し違い5年制なので大学生もいて、大学のような雰囲気。
■とにかく自由!! みんな、自分で節度をもって楽しく生活しています。

校則について

■かなりゆるいです。特に校則はありません。
■部活ごとに規則があることも・・・。

こんな感じの人が多い

■個性的な人が多い!
■個性的な人が多いです。でもみんな仲良くしています。

高校のココが好き

■自由な校風だけれども、勉強はしっかりしているとこ。
■図書館の自習スペース。
■この学校に来て、気の合う友達がたくさんできて、学校に来ることが楽しくなりました。学校自体が僕は大好きです。

学食イチ押しメニュー

高専ラーどん 330円
ラーメンとうどんが合体した感じでおいしいです!

部活について

ロボコン部
高専特有の部活。ロボットコンテストで多く優勝している?!
男子バレー部
学校の中では強いとよく話題になります。
鳥部
もとは鳥人間コンテストに出場していたそう。今は小型のみ。

メッセージ

とても自由で楽しい学校ですが、自分でやるべきことをやっておかないと置いていかれますし、メリハリがとても大事になる学校です。責任をもって、やるべきことをやりながら学校生活を楽しめるので毎日充実しますよ!
このページの先頭へ