福岡の中学生が、年間10万人受験する「フクト公開実力テスト会」

数字で見るテスト会参加のメリット

フクト公開実力テスト会
参加のメリット

約500万人

約500万人
フクト公開実力テスト会は60年以上の実績があり、
累計約500 万人が受験対策に活用しています。

約10万人

約10万人
毎年約10万人の中学生が
フクトの公開実力テスト会を利用しています。

+4ポイント

+4ポイント
フクト公開実力テスト会に会員登録し学習サポートを
活用した学生は平均して約4ポイント偏差値が上昇しました。

2人に1人

2人に1人
福岡県の中学生の2人に1人が
フクト公開実力テスト会に参加しています。

フクト公開実力テスト会に参加することによって、高校入試本番に向けての腕試しや日頃の学習成果の確認ができます。

また、フクト公開実力テスト会のテスト問題は福岡県の公立高校入試を徹底分析して作成しています。中学校の授業の進み方と公立高校入試の出題傾向に合わせて、基礎から実戦問題まで幅広く出題しているため、継続的に受験することで中学3年間の学習内容が効率よく復習できるしくみになっています。

実力テスト会受験の約10日後に届く成績資料では、高校学科別の合格可能性判定や、県全体の大きな集団の中での学力の相対的な位置はもちろん、単元ごとの学習アドバイスなどを見ることができます。

テスト会終了後に配付される自己採点シートや予習問題、解答・解説集を利用した、家庭学習方法”FFサイクル(フクト復習サイクル)”や1・2年生ステップアップコース、会員の方向けの”FCサイクル(フクトカリキュラムサイクル)”を活用していただくことが学力アップにつながります。さらに、高校進学情報マガジンWish!ではテストの復習のやり方、得点アップのコツなど、中学生が知りたい情報を提供します。

FFサイクル FCサイクル

テストを毎回受験してきちんと復習することが志望校合格への近道です。

まずは早い時期にテスト会に参加して自分の実力と弱点を把握し、そこから継続的にご受験いただくことを

オススメいたします。